レザーライダースジャケットのメンテナンス

レザージャケットマニアのQです!!また会いましたね!元気でした?
さてさて、今日はQ&Aでしたね!!じゃあスウェードとヌバックの差って分かりますか??
私も昔は意味が分からなかったです!そうなんです。スウェードの方が毛足が短いんですねー!!ってそれだけなんですが(笑)よくヌバックのレザーライダースジャケットに汚れがついてしまってどうしたらいいのかって意見を頂くんです!!汚れの種類によるんです!!スウェードやヌバックは銀面があるレザーとは違って、汚れの染み込みが早いし吸収しやすいのです。でもスウェードのレザージャケットって魅力的だから欲しくなりますよね!!方法論の一つとしてヤスリ(紙やすりの目が細かいタイプ)で汚れを取り除くパターンです!この方法論は思っているほど汚くならずにキレイにし上がるのでクリーナーのプロもよく使う方法です。しかしヌバックには種類にもよりますが合わない奴もありますね!ヌバックには断然中性洗剤と水をまぜた奴で落としたほうがいいですね!消しゴムという方法論もあります!これは本当にいいアイテムです。スウェードのレザーライダースジャケットの内ポケットにでも入れときたいくらいです!消しゴムの種類によっては汚れをただ伸ばすだけになってしまうケースもあるのでなるべく砂消しゴム(ざらざらした奴)でレザージャケットをこすってあげましょう!スウェード・ヌバック専用のブラシ(ゴムでできているタイプ)もあるのでスウェードタイプのレザーライダースジャケットが大好きな諸兄には必需アイテムですよね!!やっぱり日々のメンテナンスがレザーライダースジャケットの良し悪しを左右するし、寿命を決める事になるので手を抜かずやり抜きましょうね~!!

レザージャケットについて4

レザージャケットマニアのQです!!今日はレザーライダースジャケットのオイルの入れ方についてお話して行きたいと思います!さてオイルを入れるとオイルを塗るって言葉の意味が違いますよ?レザーライダースジャケットに塗るのになぜ入れるのか?それには深い意味があるんです。レザーライダースジャケットにオイルを塗布するときはレザーの奥、つまり中の層までオイルが浸透するように中に押し込むように塗布していくのです。しかもレザーは元生き物という事もあり、ひと肌で塗りこんでいくと馴染みが良いのです!つまり、オイルを素手で塗りこんでいくという事です。人間の素手もレザーなので肌にいいかもしれませんね(笑)昔の靴磨きの人たちは靴墨を手で塗りこんでいたとか!それに比べたらオイルなんてぬるいぬるい!ちなみにレザーライダースジャケットだけでなくともレザー製品は手で押し込むようにすり込んでいった方がいいですね!そして、諸説はいろいろあるのですがすり込んでいったレザーライダースジャケットのその後です。どうしますか?私は一晩おいて次の日に余分なオイルを全てふき取ります。これってじつはすご~く大事な作業なんですよ!!これをしないとレザーライダースジャケットにムラ感が出来て、さらに余分なオイルってレザーライダースジャケットにとって負担になるのです。わざわざ拭きとらなきゃいけないゴミや汚れなんです。これをしないとオイルを塗布してる意味がまるで無いのです。だから皆さんこれだけは守ってレザーライダースジャケットを大切にキチンとした保管をしましょう!では次回はQ&A中級編にうつりますのでお願いしますね!では!

レザージャケットについて3

レザージャケットマニアのQです!!いやー暑くなってきましたね!!
え??暑くてレザーライダースジャケットが着れない時の保管方法がわからないって??
こんな時はレザーライダースジャケットマニアのQに任せて下さい!!まずタンスにレザーライダースジャケットをしまい込むその前に!!メンテナンス大丈夫ですか?寒い時にお世話になったそのままのレザーライダースジャケットをタンスに入れこむと、カビの発生の原因になります!!レザーは生き物です!!なので水分補給を必要とします!!まずはジャケット表面についた汚れを取り除きましょう!そのためには馬毛ブラシ(豚毛ブラシだと固すぎてキズの原因になります)で表面のチリをとりましょう。表面にチリやごみがあるままオイルをいれ込むとキズの原因になります。ごみやチリを取り除いた後、クリーナーで表面の汚れや古いミンクオイルなどを取り除きます。ここで考えてみて下さい。レザーライダースジャケットの表面を女性の顔として考えてみて、クレンジングオイルで化粧を落としてスッピンにしますよね?そしてスッピンの素肌からまた化粧をしていきますよね?レザーライダースジャケットも同様です。クリーナーで汚れを取り除いてからミンクオイルなどをすり込んでいったほうがレザーにやさしいのです。なのでレザーライダースジャケットを自分の顔と同じように考えてみて下さいね?この工程を踏んでいるだけで革質にグンと差がついてきます!同じものを着るとしてもイキイキしているレザーなので良さが分かると思います。次回はその後のオイルの塗り方の説明うをしていきます。お楽しみに!

レザージャケットについて2

レザージャケットマニアのQです!!第2回目の記事です!少し緊張気味ですが頑張ります!!
さてさて、今日はレザーライダースジャケットのQ&Aをいきなり話していきたいと思いますのでどうぞ
宜しくお願いいたします!!
まず、よく質問があるものです。レザーライダースジャケットって洗えないのですか?という質問です。
人によってですが洗う理由が違いますねぇ!!レザー表面に食べこぼしなどでシミになって
しまいどうにかできないですか?という質問をいただいたケースです。
食べこぼしでは一概にシミが落ちるという訳でわありませんが、大半は落ちます。
しかし、よごれがレザーライダースジャケットの表面で止まっているあいだの処置が大事になってきます。
まず、中性洗剤と水を染み込ませたタオル(Tシャツなど繊維が細かい物が良い)をレザーライダースジャケットのシミ部分にこすりつけるのではなく、叩いてシミ汚れを抜き取る作業をします。この作業で大体とれますが、それでもまだ残っている場合は、クリーニング店にご相談してください。また、工業染料がレザーライダースジャケットについてしまった場合はもうお手上げですね!結局レザーの銀面(一般的な表面層)よりも下の層に染み込んでしまっている場合は個人レベルでクリーニングをするのはほぼ不可能とお考えください!実際色物のレザーライダースジャケットでも銀面にクリア塗装(仕上剤)が吹きつけられているのである程度の食べこぼしはシミになりにくいですね!どのみち早めの応急処置でレザーライダースジャケットが生きるか死ぬかが決まってきます。慌ててもいいから早急に!!

レザーライダースジャケットについて

レザージャケットマニアのQです!!私は無類の革好きで暇があれば探し歩いています。
そんな中レザージャケットの良さはなんなのか?考えました。しかしやっぱりレザーライダースジャケットと一概に言っても国や年代、職業によってガラリと表情が変わってきますよね。
もちろんビンテージのレザーライダースジャケットになってくると、レザー表面の面感も大分エイジングが出てきて、着ていた人の職業柄出来た傷やしわ感が美しい色彩となって現代に蘇ったりして、自分にとって特別な一枚となってきます。だからレザージャケットの良さってのはまず自分の相棒になって、一緒に年を重ねて受け継がれていくって素敵ですよね!
それって服の素材の中でもレザーってやっぱり特別ですよね!だから私レザージャケットマニアのQはレザーに特別な魔法みたいな物を感じますね。だからってビンテージなレザージャケットだけが魅力的に見える訳じゃないです。新品のレザーライダースジャケットのまだ誰にも使われていないハリ感のあるレザーライダースジャケットはこれからの進化を共に成長させていくという楽しみもあり、なんたって自分の形にエイジングしていくレザーライダースジャケットってやっぱりNO、1ですよね?だから新品の魅力って自分を形成していく物であり、愛情を込めてメンテナンス(後程メンテナンス方法に触れていきますね!)を忘れず、自分の一部としてレザージャケットを取り扱っていってほしいですね!たくさん着て、成長していくレザーライダースジャケットを楽し見ましょう!そんなレザーライダースジャケットの楽しみ方や注意事項等を展開していきますのでよろしくお願いします!