レザージャケットについて4

レザージャケットマニアのQです!!今日はレザーライダースジャケットのオイルの入れ方についてお話して行きたいと思います!さてオイルを入れるとオイルを塗るって言葉の意味が違いますよ?レザーライダースジャケットに塗るのになぜ入れるのか?それには深い意味があるんです。レザーライダースジャケットにオイルを塗布するときはレザーの奥、つまり中の層までオイルが浸透するように中に押し込むように塗布していくのです。しかもレザーは元生き物という事もあり、ひと肌で塗りこんでいくと馴染みが良いのです!つまり、オイルを素手で塗りこんでいくという事です。人間の素手もレザーなので肌にいいかもしれませんね(笑)昔の靴磨きの人たちは靴墨を手で塗りこんでいたとか!それに比べたらオイルなんてぬるいぬるい!ちなみにレザーライダースジャケットだけでなくともレザー製品は手で押し込むようにすり込んでいった方がいいですね!そして、諸説はいろいろあるのですがすり込んでいったレザーライダースジャケットのその後です。どうしますか?私は一晩おいて次の日に余分なオイルを全てふき取ります。これってじつはすご~く大事な作業なんですよ!!これをしないとレザーライダースジャケットにムラ感が出来て、さらに余分なオイルってレザーライダースジャケットにとって負担になるのです。わざわざ拭きとらなきゃいけないゴミや汚れなんです。これをしないとオイルを塗布してる意味がまるで無いのです。だから皆さんこれだけは守ってレザーライダースジャケットを大切にキチンとした保管をしましょう!では次回はQ&A中級編にうつりますのでお願いしますね!では!